講演について

 

PTAの本来の目的やあり方とは? PTAを自分から参加しやすいボランティア活動・団体にするにはどうしたらいい? PTA活動をいまの時代に合ったものにするには、何が必要?

PTAの成り立ちにさかのぼりつつ、現状のPTAが抱える問題点を解説。社会や家庭環境が変化するいま、PTAはこれまでのやり方をどのように見直していけばよいか、豊富な取材事例をもとにお話します。 

 

補足

・参加者の強制的な動員ができるだけないようお願いしております

 「PTAはやりたい人が楽しくやりましょう」というお話を

 させていただきますので、何卒、ご理解いただければ幸いです

・費用(交通費込み)はご相談に応じます

・講演時間の目安は60-90分くらいです

・ワークショップ形式も可能です

・ご依頼・お問い合わせはform」よりお願いいたします

これまでに行った講演

長野県松本市、東京都荒川区、埼玉県入間地区、長野県、奈良市、東京都新宿区、群馬県東部地区、小松市、豊橋市 ほか (今後の予定:九州大会(パネラー)、川崎市、下関市等)

sample 講演 紙資料 大塚201708.pdf
PDFファイル 128.2 KB

感想(2回目の講演・抜粋)

「風通しのよい環境、やってダメなら元に戻そうに共感した」
「PTAに対する割とネガティブなイメージがなくなりました」
「聞きたいテーマだった、他県(校)のやり方を聞けてよかった」
「ご指摘事項は全て実施してますが、やはり楽になりません。行政サイドが考えを改める必要があるかと・・・」
「なるほど!と思うことがたくさんありました。今後は楽しくやろうと思います」
「PTAに限らず、いろいろなことに通じる点があると感じました」
「PTAに参加しやすい工夫やイメージアップはとても有効だと感じました」

「PTAの運営の仕方、良い点悪い点両方きけて良かったです。実例を交えたお話で分かりやすかった」

「他の人、ほかの学校を同じような事を考えているのだと認識できました」

「内容は良かったと思いますが、聞いている方も参加型(挙手したりなど・・)でやっていただいた方がもっと興味をもってもらえると思う」
ほか